PRODUCT
製品情報 - 小物など

CELA(セラ)水

 

CELA(セラ)水とは、次亜塩素酸を主成分とし、原液のままで安心して使用できる画期的な除菌・消臭水です。

水道水に、除菌力のある次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)と希塩酸(食品添加物)を独自製法で希釈反応させ、これまで困難とされたpH制御を可能にしたことで、より高い除菌・消臭効果を「安心・便利」に使うことができる微酸性水です。

他社次亜塩素酸との違い

セラ水は、独自の特許製法により、50ppmの塩素濃度で、200ppmの塩素濃度より、殺菌能力が高い比較試験を持っています。

 

水だから環境に優しい

原料は飲料用水道水であり、生成段階でも有害な塩素ガス等の問題も発生しません。
また微酸性という性質から、利用後に特別な処理なく、水と同じく排水いただけます。

水だから使い勝手がいい

微酸性という性質から、周囲に付着してもサビ(鉄など)にくく(水と同程度の腐食作用があります)、強い刺激臭もありません。
また60度(お湯)にしても効果が持続し、利用の幅が広がります。

水だから体に触れても安全施設内の清掃等の衛生対策時に、利用できます。
スプレーや専用の超音波霧化器によって子どもや赤ちゃん、高齢者のいる室内空間に噴霧しても安心してお使いいただけます。

 

アルコールとの違い

セラ水は空間、空中に散布できるが、アルコールは引火の危険性がある。ノロウイルスなどの殻をつくるウイルスには、アルコールは効かない。セラ水はアルコールと比べ殺菌速度が速い。セラ水は除菌後、水になる為、安全性が高い。アルコールは安価な為、「物を除菌する」のは、アルコール。「空間除菌消臭」「皮膚除菌」「マスク除菌」、「音波加湿器に入れて使用」はセラ水という使い分けをおすすめします。

 

優れた除菌効果は、検査機関の試験でも実証されています。

対象 試験機関 試験結果

インフルエンザウイルス

日本食品分析センター 99.8%以上抑制

ノロウイルス

(ネコカリシウイルス)

日本食品分析センター 99.9%以上抑制
O-157大腸菌 日本食品分析センター 99.9%以上抑制
黄色ブドウ球菌 日本食品分析センター 99.9%以上抑制
スギ花粉アレルゲン 東京環境アレルギー研究所 99.5%以上抑制
ダニアレルゲン 東京環境アレルギー研究所 99.4%以上抑制

 

CELAが選ばれる理由

  • 居住空間の除菌が出来る
    CELA水は微酸性領域pH6.5で安定しているため、微量に発生する有害な塩素ガス等の問題も発生しません。
  • 温水でも使える
    CELA水は、温度を60℃に上げても次亜塩素酸(HOCℓ)の分子構造は変化せず、安定した状態を保ちます。酸性に傾くことはありません。(温度に対して熱的安定を保ちます。)
  • 長期保存が出来る
    CELA水は、次亜塩素酸分子(HOCℓ)の安定度が、電気分解、希釈混合方式の次亜塩素酸水とは大きく違いますので、保存性、安全
    性が高く、さまざまな分野に安心して利用できます。
  • 保存は、直射日光をさけ冷暗所で保管してください。

 

水で除菌・消臭とは?

  • 除菌
    除菌スピードが従来の次亜塩素酸ナトリウムにくらべて非常に早いことも特徴の1つです。
  • 消臭
    有機系の臭い(汗などの各種体臭、腐敗臭、たばこ臭など)に対する消臭効果が非常にすぐれております。

 

新型コロナウイルスへの予防に

「CELA水は新型コロナウイルスに対して除菌効果がありますか?」というお問い合わせが増えています。
CELA水は様々な菌やウイルスに対する除菌効果の検査を行い高い効果が実証されていますが、現段階でコロナウイルスの除菌に対しての有効性を試験検証していませんので、根拠なく効果についてお答えすることができません。感染症の流行する時期でもあります
ので予防としてお使いいただき、感染拡大の不安が少しでも軽くなることを願っています。

  • 厚生労働省が新型コロナウイルスにたいして有効であると発表したのはアルコールおよび次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)、いわゆる希釈液です。ネット上で販売されている商品には間違いやすい商品説明もありますので、購入の際には十分に注意してください。
Copyright 2021 DUALKEY SYSTEM All Rights Reserved.